診察台

肝臓がんは、肝臓自体に症状はなく、肝炎や肝硬変などの傷害が起こります。肝臓がんは、肺炎ウイスルの感染から、肝炎や肝硬変と同時に発症するケースが多いがんです。
そのため、発症した人のほとんどが、自分が肝臓がんだとは知らずに、肝炎や肝硬変の治療のために病院に行った際に、肝臓がんだと告げられる場合が多くなっています。

食欲不振になったり、全身の倦怠感を感じるようになります。便秘や下痢など、便通に異常が見られるようにもなります。
また、黄疸や吐血や下血などをする場合もあります。めまいや貧血などといった症状も引き起こします。

肝臓がんと診断するには、さまざまな検査が行なわれます。CT検査や腹部血管造形検査、超音波検査などの画像診断が行なわれます。
その他には、血液検査を行い、AFPやPIVKA-2などの成分を検査していきます。
生検をすることもあります。生検は、がんの疑いのある組織を一部取り出して、顕微鏡で細かく調査することです。この検査で、それがガンなのかどうかがはっきりとします。

肝臓がんの治療には、NK細胞療法などの免疫細胞療法をはじめ、多くの治療法があります。
NK細胞療法は、自分の細胞を使って行う治療法なので体への負担も少なく、安全な治療法です。
NK細胞療法のような免疫細胞療法は、肝臓がんに限らず、さまざまなガンに効くとして、注目を集めています。

肝臓がんには、外科療法、肝動脈塞栓術、経皮的エタノール注入療法などがあります。
その他にも、マイクロ波凝固療法、ラジオ波焼灼療法、そして免疫細胞療法があります。

外科療法では、がんに侵されている部位を切除する治療です。肝動脈塞栓術はがんへ酸素を送り込む血管を塞ぎ、がんを殺す治療法です。
経皮的エタノール注入療法は、エタノールをがんに注入して、エタノールの持つアルコール作用でがんを死滅させる方法です。
マイクロ波凝固療法は、マイクロ波を肝臓がんの部分に当てて誘電熱で死滅させる治療法です。
ラジオ波燃灼療法は、伝導熱の力でがん細胞をやっつける方法です。

詳しく調べる

種類

肝臓がんの画期的な治療法として、免疫細胞療法が注目されています。
免疫細胞療法には、さまざまな治療法があります。
樹状細胞ワクチン療法をはじめ、NK細胞療法、ガンマデルタT細胞療法、アルファベータT細胞療法、CTL療法などがあります。

樹状細胞ワクチン療法は、樹状細胞の働きを活発にしてがんを攻撃する治療法です。
樹状細胞は、Tリンパ球にがん細胞の存在を知らせる役割をもつ細胞です。活...…Read more

注射針

さまざまな治療法

肝臓がんは、免疫細胞療法で改善することが期待できます。免疫細胞療法の中でも、NK細胞療法や樹状細胞療法などが効果的だとされています。
樹状細胞療法には、2つの方法があります。自己の組織を使う方法と、人口ペプチドを使う方法の2つです。

自己の組織を使う場合は、手術で摘出した腫瘍の組織がある場合か、冷凍で保管されていた場合に施せる治療法です。
取り出されていた自分の組織を使い、腫瘍細胞を...…Read more

女医

培養方法

NK細胞療法やT細胞療法などの免疫細胞療法では、どうやって細胞を培養しているのでしょうか。
まず、血液を採取します。採血した血液成分は専門の施設へ送られます。
施設では培養液に入れて、専門の薬剤を使って増殖と活性化を図ります。
使われる薬剤は、サイトカインなどで、この薬剤が細胞を活性化する働きを持つと言われています。
増殖の作業を2週間行ったあとは、サイトカインなど使用した薬剤を取...…Read more

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031